株式会社興洋住宅 -大阪市港区の工務店-

トップ > 知らないと損する建築知識 > 住まいの雨漏り


住まいの雨漏り

『雨漏り』と言えば、多くの人が『屋根の不具合』を連想すると思いますが。

実際に多い雨漏りのトラブルは、外壁や窓、バルコニーといった『住宅の側面』に

位置する箇所で生じる例が圧倒的に多いのです。

住宅保証機構が公表しているデータをみると、住宅側面の雨漏りが屋根の5倍前後もあり。また過去5年間のデータから増加傾向にあります。

原因はいくつかあると思いますが、建て主が求める住宅デザインの傾向に、施工側の古い防水に関する知識では対応できなくなっているもの事実でしょう。

要注意箇所として、『窓まわり』『外壁』『バルコニー』また施工業者側から1番気になるのは、『エアコンの配管など』あとから量販店などの工事業者が施工するパターン。

事前に計画していれば問題はないのですが、建売住宅などでは後から穴を開ける、

この時点で防水層は破れ、数年後開口部のシリコンなどが劣化すれば雨漏りの原因にもなりかねません。

もっとも施工管理者が正しい知識をもって指示・確認を行なっていれば防げる問題でもありますが。事実データで増加傾向にあることを思えばこれが出来ていないのでしょう。

 

また定期点検やメンテナンスも大切です。建物は経年劣化します。材料の変質や破損、

腐食などで、防水層に隙間が生じてしまう場合もあります。

屋根の瓦が破損していたり、外壁のシーリング材が劣化して隙間が生じたりすると、

雨漏りのリスクも高まります。そこで大切なのはメンテナンスです。

住宅会社に定期点検を依頼するのはもちろん、住まい手も劣化しやすい場所を知って

おくべきでしょう。

くれぐれも訪問で訪れる業者に点検はさせず、信頼のおける業者に依頼してくださいね。

 



« 前の記事  /  次の記事 »